DVD・ブルーレイディスク作品をコピーする行為

DVD・ブルーレイディスク作品については、一般的に家庭内での視聴を目的としており、その購買者すなわち「視聴する権利を購入した人」のみが利用できます。したがって、この視聴する権利を長期間に渡って保つための手段としてのみ、原版をコピーする行為が一部許容されています。但し、このコピー品に関しては、購買者に所有権のみが認められる以外は何ら権限を有しません。すなわち、このコピー品をコピー(複製)されたものを他人へ売買する行為は、著作権法に触れるけでなく、窃盗罪としても成立する違法な行為です。また、無償(金銭を伴わない=タダ)で譲渡したとしても、何ら罪状に変わりありません。
                    

コピーした映像・写真・イラストなどのコンテンツを無断で他人に譲渡する行為

コンテンツのコピーも、あくまで個人のバックアップを目的とし、その一部や断片をコピー(複製)し他人へ売買する行為も、DVD・ブルーレイディスク作品をコピーする行為と同様に著作権法に触れるけでなく、窃盗罪としても成立する違法な行為です。また、この場合も無償(金銭を伴わない=タダ)で譲渡したとしても、何ら罪状に変わりありません。                     
                    

映像・写真・イラストなどのコンテンツを無断でWeb上(配信サイト等)にアップロードする行為

「いい映像だから」「おもしろいから」という純粋な理由で、「もっと他の人たちにもコレを教えてあげよう」という行為は、製作者等の販売戦略などの意図と合致する場合は許される事があります。しかしながら、その場合でも許容範囲が設定されています。一般的に許容される範囲は、各メーカー・権利者が提供する「サンプル」「サンプル映像」等で、しかもこれらとメーカー・権利者との関連づけ(販売リンク・アフィリエイト:注)が成されている場合に限られます。これ以外のコンテンツの使用はどのような場合においても許されません。「いい映像だから」「おもしろいから」という純粋な理由で、「もっと他の人たちにもコレを教えてあげよう」という行為は、あなたを犯罪者にし、莫大な損害賠償という借金を背負わせるだけです。誰も助けてはくれません。                     
                    

注意喚起:違法サイトからのコンテンツのダウンロードも罪に?!~著作権改正法~

                    

映像・写真・イラストなどのコンテンツを無断で使用する行為

これも違法行為です。自分の管理するWebサイトでの使用やWinnyなどのファイル共有ソフトを用いて、著作権で保護されている音楽や映像のファイルを、製作者など権利をもつ人の了解を得ずに他人がアクセスできるような状態にした場合も著作権の侵害(違法)となります。これは「あなたが持っている携帯電話を無断で使用する行為」と変わりません。あなたはこの無断使用された分の通話料金を払わなければなりません。納得いかない事でしょう?犯人を捜して逮捕して欲しいでしょう?そして訴えて、損害賠償させるでしょう? 映像作品は、どのようなコンテンツであるかにかかわらず、製作に係わる多くの人々が才能や努力を注ぎ込み、莫大な時間や費用をかけて完成させた著作物です。その一部でも無断で使用されれば、本来得るはずだった収入を失います。これは「無断使用された分の通話料金を払わされるあなた」と同じです。